« 個人情報って? | トップページ | 内閣府・2005年度の個人情報漏洩 »

2006年6月26日 (月)

子供向け情報セキュリティ

小さなうちから家族でセキュリティに関する話し合いを――MSがイベント開催ITmediaエンタープライズ

マイクロソフトが、「インターネット安全フェア2006」を開催した。

子供向け、インターネットの危険をわかりやすく啓蒙した模様。

これはとても良いことで、もっと広く一般向けに開催するべきだ。

言い続けることで、伝わることも多くあるのだ。

子供の時から、危険な事をわかった上でネットに繋ぐことで、未然に防げることも多くある。

素直な子供だから、危険を知らないと引っ掛かってしまう!

逆に教えることで、すぐに理解し、実践出来るところは、大人も見習うべき部分だ。

【いかのおすし】 警視庁のページより

いか…知らない人についていかない

の…他人の車にらない

お…おごえを出す

す…ぐ逃げる

し…何かあったらすぐらせる  

実社会での、危険をこんな風に教えているのだ。

しかし、ネットのあちら側でも同じ事なのだ。

知らない人からのメールは開かない!

個人情報を安易に打たない!

アヤシイとこには近づかない!

変だと思ったら、進まない!

おかしいと思ったら、すぐに相談する!

これでは、いかのおすしにならないので、

見ざる → 見ない!

言わざる → 
言わない!

聞かざる → 
聞かない!

ことが、わかりやすいかもしれない。

大人の場合にも同じ事は言える。

見てないから、知らない!

言ってないから、わからない!

聞いてないものは、言いようがない!

満員電車の痴漢対策をする男性のような感じだ。

過去記事で、

  1. サイドハッキング
    場であったなら、イヤだろう。きっと・・・見猿、聞か猿、言わ猿と同じで、見てないから、知らない!聞いてないから、知らない!見てないし、聞いてないから、言えな...

同じような事を書いた。

仕事の場面では、これは通用しないので、使わない方が良い(笑)
これはあくまでも、情報セキュリティの話だからだ。

過去記事の中で、なぜ?こんな事をしなければならないのか、詳しく書いてあるので見て頂きたい。

もっと多くの人に知って頂きたい事は、たくさんあるので、こんな機会は増やして行く事を私も進めてみる。

大人でも、充分に必要な事だったりする。

わかったつもりが、一番危険であることは、言うまでもないだろう。

|

« 個人情報って? | トップページ | 内閣府・2005年度の個人情報漏洩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供向け情報セキュリティ:

« 個人情報って? | トップページ | 内閣府・2005年度の個人情報漏洩 »