« TPOに合わせた情報の取捨選択 | トップページ | 中古モバイル機器は機密情報の宝庫 »

2006年8月30日 (水)

人はなぜブログやSNSの書き込み内容を信じるのか?

CNETjapanの記事だ。

情報の信憑性に関することだが、実はこれって当たり前のことなのだ。

オプトとクロス・マーケティングは、「ブログ・SNS利用状況調査」を実施し、利用者が高い割合でブログやSNSの情報に信憑性を感じ、「商品を購入後、その商品について誰かに伝えるメディア」として利用していると分析した。


人はなぜブログやSNSの書き込み内容を信じるのか?

最近にはじまったことではないが、情報の価値尺度を計る上で、玉石混淆の話題が多く出る。

では何を基準に、その情報を玉か石か見極めるのだろうか?

過去記事でも書いているが、

インターネットはいろんな意味で玉石混淆なのだから、それに巻き込まれないでもらいたい。ブログも掲示板も愚痴を投げ込むところではないのだから...

公衆な無責任掲示板などが、匿名で無責任なことを書いている人が多い。

しかし、その掲示板すべてが同じな訳ではない。

匿名であっても、ちゃんとした内容やコメントを書いている人もいるのだ。

一方ブログにおいては、実名であったり、知り合いが書いていたり、ある程度の関係があった上で、その内容を読んでいる。

また人気のあるブログなどは、書き手もしっかりしているので中身に問題はない。

どんなブログであっても、書く人は好きなことが書けて、誰のチェックも入らずに発信できる。

書き手がいて、読み手いる。

読み手がその中身を判断するのだ。

ブログは文章になっているが、ラーメン屋で食べた話をしてるのと変わらない。

それは、旨かったよ。あのラーメン屋!

しかし、それはその人の味覚に合っただけのこと。

万人受けするものは、ほとんどないだろう。

ブログの中身も、読み手がどのように解釈するかで、玉にも石にも変わるのである。

一概に、価値尺度をあてられるものではない。

なので、ブログの信憑性が高いのはわかるが、最終それを決めるのは読み手の判断。

このブログでさえ、半信半疑で読んでもらいたい。

決めるのは、あなた自信なのだから・・・
  generated by feedpath

|

« TPOに合わせた情報の取捨選択 | トップページ | 中古モバイル機器は機密情報の宝庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜブログやSNSの書き込み内容を信じるのか?:

« TPOに合わせた情報の取捨選択 | トップページ | 中古モバイル機器は機密情報の宝庫 »