« いらないオマケ付きハードディスク | トップページ | フィッシングのIQ? »

2005年11月28日 (月)

12月はIDに気をつけて・・・

昨日CNNを見ていたらこのニュースをやっていた。

米国では12月にIDの盗難が多いらしい。
Identificationの略がIDで、wikipediaの意味によると   身分証明書。

ここでいうIDとは、財布の盗難とか、クレジットカードとか・・・・身分証明になるような物理的なモノを言っていた。

ニュースを聞いていて、てっきりインターネット上のIDとかパスワードの話かと思ったが、違う。

なにかわかりやすいもので引用出来ないかと、googleで検索をした。

ID 盗難 のキーワードで引いたら・・・ 466,000件もの検索結果が出た。

なんで12月に多いのか?この結果からは見えなかったが、年末でもあり、米国においても忘年会のように連日アルコール漬けの日々なんだろう。これは日本も同じだ。

12月のIDに気をつけては、やはりこれだけなんだろうか?

最近、調べ物をしていて思うことがあった。

何か起きる時は必ず原因がある。これって当たり前のようでそうでもなかったりする。
原因と結果の法則である。

IDをなくしたり、盗まれても、そのときにはやはりなんかの原因がある。
当事者は原因とか言われると、原因じゃなくて、**が**で**したら・・・・
みたいな話になる。言い訳が原因なのである。
ようは自分にスキがあり、ミスってしまっただけの事である。

こればっかりは仕方ないと思うが、多少は気をつければ減るはずである。

結果なくなってしまう・・・・原因はちゃんとある・・・・・ちょっとした事で起こりにくいって事です。

12月に限ったことではないと思うんですが・・・・・・

皆さんも気をつけて!


|

« いらないオマケ付きハードディスク | トップページ | フィッシングのIQ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月はIDに気をつけて・・・:

« いらないオマケ付きハードディスク | トップページ | フィッシングのIQ? »